メニュー

モンテカルロ法の楽しみ方

貴方はマネーシステムをご存じでしょうか?ギャンブルで効果的に勝つためには、戦略的に賭ける必要があります。
マネーシステムは資金残高と賭け金にルールを設定するものであり、直感に頼ったギャンブルとは一線を画すものです。

そのなかでも、モンテカルロ法はベテランギャンブラーから注目されている手法。ギャンブル初心者も早くから取り組んでほしいものです。
モンテカルロ法の特徴としましては、少ない賭け金によるマネーシステムである点。同じくマネーシステムとしてマーチンゲール法があまりにも有名なのですが、モンテカルロ法の方が高度となります。

取り組むためには、簡単な計算が必要となりますので紙とペンが必要。
頭の中で考えてもよいのですが、相当優秀な頭脳の持ち主でなければ難しいでしょう。
それから、マーチンゲール法との比較をしてみましょう。マーチンゲール法であれば、1回の勝利でプラスを出すことが可能。しかしモンテカルロ法は数回の勝ち負けを繰り返していき、最終的にプラスを出す手法です。

モンテカルロ法の楽しみ方

オススメとなるのは3倍以上の配当。
ちなみに、ギャンブル初心者は配当表示に気を付けてください。この3倍とは、賭け金を含めた表示となります。
ルーレットでは「コラム」や「ダズン」が該当。これらに賭けることで、モンテカルロ法を試すことができますよ。

それでは、さっそくモンテカルロ法のやり方を紹介していきましょう。
まず数列を意識してください。

「1・2・3」をメモ。
左端の数字は何ですか?
そう、「1」ですね。

それでは、右端は?
「3」ですね。

では、足した数はいくつになりますか?
「4」となりますね。

これを1回目に賭ける金額とするのです。
おわかりでしょうか?

最小単位で始めるならば4ドルから始めることになるのです。

勝った場合には数列の左側2つと右側の2つを消していきます。
「1・2・3」の数列なら、当然すべての数字が消えることに。
つまり、最初から始めるということです。

負けた場合には数列を増やします。
「1・2・3・4」といった具合。
次に賭けるのは、左端と右端の和。
1足す4で5ということになります。

そして、何回か負け続けると、数列が「1・2・3・4・5・6」と長くなります。
ここで勝ったなら、左2つと右2つを消してみてください。
「3・4」が残りますね。

直前に賭けた金額は7ドルでしたので、これを右端につけます。
「3・4・7」といった具合。

次に賭ける金額は数列の左端と右端の和ですから、3足す7で10となります。
これを繰り返して、数列がすべて消えたなら、最初へ戻ります。

計算が複雑で、時間がかかるデメリット面はあるのですが、連敗が続いても急激に賭け金が増えることはありません。
つまり少ない軍資金でマネーシステムを試行できます。

モンテカルロ法を練習して、マネーシステムを習得してみましょう。